テンカラ毛鉤の自作方法

前ページで説明した、管理人の標準毛鉤の自作方法を紹介します。

最初毛鉤を作ると聞いて難しく思うことでしょう。
でも最初はだれでもできないのです。

テンカラの毛鉤の自作はフライを作る道具を準備することで、とてもスムーズにできます。
始めのうちは上手く行きませんが、なれるにしたがって速く作れるようになります。
何度も作るうちに簡単になってくるので安心してください。

自分で作った毛鉤で魚を釣るのもテンカラの醍醐味の一つです。

早速準備する物から説明します。
1、バイス
バイス
毛鉤を固定する道具です。値段は2000円~数万円まであります。
高い物は一生物と言われていますが、管理人は壊れたら買い換えるようにしています。
選び方は精度がよくない物だと、先端が開いていて、上手く固定出来ない物があります。

2、ボビンホルダー
ボビンホルダー
糸を巻いていく道具です。
値段は1000円位~です。
安い物でも大丈夫ですが、たまに糸の出口にバリが残っていて、糸を傷つけてしまう物があります。

3、ハックルプライヤー
ハックルプライヤー
これで鳥の羽をつかんで巻きつけていきます
値段は数百円~です。
いろいろな形の物がありますが、テンカラの毛鉤を巻くものとしてはこのプライヤーで十分です。

4、ハーフフィッチャー
ハーフフィッチャー
毛鉤の仕上げに使う道具。巻き終わったら最後に糸結ぶ時に使います。またとがった方で、羽の調整をします。

5、ハサミ
ハサミ
そのままハサミです。糸をきったり、余分な羽を切ったりします。

6、ヘッドセメント
ヘッドセメント
接着剤です。最後にこれで接着して、糸がほつれないようにします。

道具は以上です。

次に素材です。
1、フライフック
フライフックの#12を使っています。
ティムコだとTMC100という型番で標準のものです。それの#12がお気に入りで管理人は使っています。

2、毛糸
毛糸
管理人は100円ショップで買っています。

3、鳥の羽
グリズリー
写真の羽はグリズリーというものです。白系の毛鉤を巻くには適しています。
値段は6000円位~一度買うと、3シーズンは持つので、そのなに高い買い物ではないです。

4、ボビン
ボビン
糸です。ボビンホルダーにセットして使います。太さは#6~8を使っています。

5、フック
フック
ティムコの#100です

以上で材料は全部です。

次のページでは巻き方を説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ