テンカラ竿の選び方2

調子について

テンカラ竿の調子は8:2、7:3、6:4、5:5とありますが、このブログで推奨しているのはレベルラインなので、5:5か6:4になります。
6:4調子の竿はテーパーラインを振ってもぶれることなく振れます。
オールラウンドといった感じです。

デメリットは竿丈よりも長いラインはやや苦手です。
特にレベルラインで竿丈よりも長いラインは振りにくくなります。

とは言っても最初に選ぶ1本としては最適な調子になります。
6:4調子で覚えてから、他の調子の竿をそろえるようにしてください。

5:5調子はレベルラインが一番よく飛びます。
竿丈よりも長いラインを簡単に振ることができます。
その反面、ピンポイントを狙うなどの、キャスティングが難しくなります。

他の8:2と7:3の調子ですが、7:3調子はテーパーラインにマッチします。
誘いをやっても面白いです。
テーパーラインを選択したら、7:3調子の竿を必ずそろえたほうがいいです。
2本目に買う竿としてもいいと思います。

レベルライン→テーパーラインと覚えると、テンカラが楽しくなります。
理由はテーパーラインは誘いの釣りだからです。(管理人の勝手な定義)

上の写真は左が7:3調子、右が6:4調子の竿を比べた写真です。
後ろに振った時のしなり方の違いがよく分ると思います。

右が良くしなっている分、軽いラインが後ろに伸びきるまでの時間が稼げます。
またその反動で軽いラインを飛ばしやすくなります。

左は硬い分、軽いラインを振ったとき、伸びきらずに反動が、かえってきます。
そのためレベルラインなどの軽いラインは飛ばしにくくなります。

反対にラインそのもの重さで飛ばすテーパーラインは飛ばしやすくなります。
竿のしなりが少ないので、狙った場所に正確に振り込むことができます。

8:2調子はとても固く、選ばない方が無難です。
最近ではほとんど見かけなくなりました。

次はバランスです。

2 Responses to “テンカラ竿の選び方2”

  1. 田中亨 より:

    本年(2012年)より本格的にテンカラを始めたく竿(DAIWA LT33SC)を購入し、ラインもレベルライン3.5号(DAIWA)
    購入してからブログを拝見いたしました、購入前に拝見出来てればと悔やんでますがとりあえずこれでスタートします。
    そこで仕掛け巻を探しましたが良いのが見つかりません何か良いのがありましたらご教授ください。

  2. I simply wanted to send a brief word in order to express gratitude to you for the fantastic pointers you are showing at this site. My extensive internet investigation has at the end of the day been honored with good quality concept to exchange with my pals. I d repeat that many of us website visitors actually are unquestionably blessed to dwell in a wonderful place with so many outstanding individuals with useful advice. I feel extremely lucky to have seen your weblog and look forward to really more exciting moments reading here. Thanks a lot once again for all the details.

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ