テンカラの仕掛けの作り方

テンカラの仕掛けの作り方は、とても簡単です。

前ページで紹介した物を結んでいくだけです。
とても簡単ですが、注意しなければならないことがあります。

テンカラは合わせ切れの多い釣りです。
(合わせ切れとは、魚が出て竿を立てた瞬間に仕掛けが切れるなどして、逃げられてしまうこと)

リーダーラインのチェックにはとても気を使います。
頻繁に交換が必要です。

それでは作り方を説明したます。

まず最初にテンカラ竿の先端の布の部分(ヘビグチ)に結び目を作ります。
次にレベルラインの先に直径3センチくらいのわっかを作りイボ結びにします。

次にしたの図のように止めます。

これでレベルラインと竿はOKです。
次にレベルラインとリーダーラインを結びます。

最初にレベルラインに直径1 センチ大の輪を作りイボ結びでしっかり固定しま
す。
次にリーダーラインを下の図のように結びます。

これでリーダーラインまではOKです。

次にリーダーラインと毛鉤ですが、レベルラインとリーダーラインを止める時と同じ要領で止めます。

以上で仕掛けの作り方はOKです。

レベルラインの交換頻度ですが、管理人は2~3回の釣行で交換しています。
レベルラインが切れたということはありませんが、一応交換しています。

また仕掛けは丸型の仕掛け巻きに巻いて保存してください。
クセがつかなくとても便利です。

リーダーラインは根がかりや、木の枝や葉にすれた時は常にチェックし、少しでも傷が付いていれば、即交換です。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ