水中を流す

前ページまで、道具選びから、キャスティングまで解説しました。
このページからは、いよいよ実際の釣り方について説明していきます。

毛鉤の流し方には2種類あります。
水中と水面です。
本当は区別はないのですが、わかりやすく説明するため、分けて説明します。

キャスティングし毛鉤が着水したら、毛鉤を操作することなく、とにかく自然に流します。
リーダーラインが水面についても気にしないでください。

すると毛鉤自体の重さで沈みます。

すると図のようにタルミができます。
このタルミがクッションとなり、魚が出た時、違和感なく毛鉤を口の中に入れます。

釣り人からは糸が動くので、すぐに魚が出たことがわかります。
あわてることなく合わせれば、あっけなく釣れます。
レベルラインは軽いので、魚があまり違和感を感じません。

あたりの見方ですが、
①は魚が毛鉤を引き込むので、釣り人からは糸が引き込まれるように見えます。
②は魚が竿側に動くので、糸が緩みます。見ているとすぐにわかります。

毛鉤が沈んでいるので、釣り人から毛鉤がみえません。
ここで蛍光のリーダーラインが役にたちます。
手に取るように魚の動きがわかります。

次のページでは毛鉤を浮かせる場合を説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ