水面を流す

水面を流すと実は、水中を流すよりも魚の出が悪くなります。
魚にとっても水面をわってエサを捕ることはリスクになります。
しかし釣り人から見た場合、水面を割って毛鉤に飛びつくヤマメやイワナは大変魅力的です。
一度体験したら、その大胆さんに目が焼きつくでしょう。
これがテンカラの魅力の一つです。

また水面を流すと便宜上説明していますが、テンカラではフライのようにまるっきり毛鉤を浮かせて流すことはありません。
テンカラで言う水面とは、水面下3センチ~毛鉤の頭だけが水面に出る状態をいいます。
水の表面張力を利用して釣る釣りなので、表層を流すことは誘いでなければ失敗を意味します。
専門用語でオツリがくるといいます。(ラインにつられ、毛鉤が水面を走って竿によって来ること)

流したかは水中を流す時と同じように自然に流します。
毛鉤自体の重さで沈んでしまうので、表面張力を利用して、竿を立て気味にしなおかつラインが張らないようにバランスを取りながらながします。


上の図が理想的な水面の流れ方です。

この流し方だと、勢いよく魚が水面を割って出てきます。
ラインのタルミがあるので、毛鉤を口にいれたまま着水します。
特にスレていない魚なら、出たのを確認してから合わせれば、簡単に釣れます。

この流し方で注意が必要なのは、表面張力を利用してラインを張りすぎると、魚が出た時違和感を感じ0.2秒で毛鉤をはなしてしまいます。

初めのうちはバランスを保つのが難しいので、竿先をちょっとずつあおって修正しながらコツをつかむようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ