毛鉤の実際の流し方

水中と水面の流し方について、説明したましたが、きっとあなたは、どこを流せばいいの?
って思っていますね。

ここがポイントです。
エサ釣りと同じで、川の流れを見てエサを流す場所を決めます。
流れが交差する場所や集まる場所です。
文章で説明してもなかなか解らないので、動画を用意しました。

この動画の交差している部分を写真でわかりやすくしました。

矢印が交差した部分にエサが集まります。
3本矢印があり、一番下流から流し、次に手前、次に奥の順番で流せばOKです。

この例では2本の流れが交差したパターンですが、実際に川に行くと、流れが複雑で何本も交差している部分があります。
交差するところは必ずエサが集まります。
魚は交差する部分を狙ってエサを食べにきます。
後は応用です。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ