テンカラの合わせについて3

いよいよ合わせ編も終盤です。
レベルラインテンカラは遅合わせに最適という話を前ページで解説しましたが、実際にどう合わせたらいいのか、説明します。

とっても簡単に言うと、ラインをたるませて流すことです。
たったこれだけです。

水面下3センチ以内の表層の釣りでもタルミと毛鉤の沈みこみのバランスをとり、ラインを張りすぎないように流すだけです。

沈める時は落ち込みなどで、水が沈みこむのを利用し、自然に沈めるだけです。
※このあたりは川に落ちた葉っぱ等を観察しているとすぐに分かります。

たるんでいるラインが、クッションになり、魚が口にいれてから違和感を感じるまで時間があります。
この間に合わせれば、とても簡単に釣れます。
魚が水面を割って出たのを確認してから合わせても十分に間に合います。

レベルラインは軽いので、魚が違和感を感じるまでさらに時間が稼げます。
このあたりはドライフラインの釣りと同じ要領です。

あわせは奥が深く、テンカラの醍醐味です。
今回は基本的なあわせを説明しました。
慣れるに従って、魚の出る場所が分かってきます。

この合わせができれば、テンカラで魚が釣れるようになります。
後は誘い等を覚えてステップアップしていきます。

誘いを覚えると、テンカラの奥の深さと楽しさが倍増します。
後日解説する予定です。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ