アプローチの基本

テンカラでポイントへのアプローチは大変重要です。

ここを失敗すると、今まで練習したキャスティングなどがムダになってしまいます。

でもそんなんい難しくないんで安心していください。

アプローチの基本は、とにかく、そっと近づくことです。

振込はポイントのできるだけ、遠くから行うこと。

これだけです。

渓魚というのは、警戒心がとても強いことで知られています。

ただでさえ澄んでいる水中にいるのですから、水中からも外がよく見えます。

その点を頭にいれて、ポイントの後ろから近づきます。

近づきかたも、ゆくりソーっとです。

渓流でポイントに近づく場合、釣り上るか、釣り下るかで変わってきます。

流れに対して、釣り下るのはできれば避けてください。

風が吹いていて、そうせざる負えない場合は、できるだけ川から離れて下ります。

ポイントを狙うときは、上流のポイントを狙います。

この辺りが基本です。

次の記事からは写真を用意して解説していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ