ニンフとテンカラ

質問:「テンカラでニンフ釣りをする場合マーカーはどんなものを使われてますか」

当方、テンカラはドライで使っておりますが、

淵でニンフをたまに使いますがアタリが取りずらいです。

 

こんな質問をいただきました。

 

 

テンカラでニンフやドライという概念はないです。

ニンフ、ドライと区別するなら

テンカラ毛ばりニンフになります。

 

 

常に半沈み状態で釣るのがテンカラです。

 

 

 

 

 

図にようにう半分沈めて使います。

なぜなら、ラインの重みで水面上を流すと

毛ばりが自分の方によって来てしまいます。

これを「オツリ」といいます。

 

毛ばり沈めたら、糸ふけやラインの不自然な動きが

出たら合わせます。

 

誘いを入れる場合がありますが。

誘いは合わせの動作です。

つまり誘っている時(竿をあおっている)

に魚が毛ばりを口に入れれば合わせ完了です。

職漁師のテクニックです。

 

 

これが出来るようになれば、初めての川でも

ボウズはないでしょう。

 

質問の回答はマーカーは使わないということになります。

またテンカラの奥の深いところが見えるつり方です。

このあたりがテンカラの魅力であり、難しいさになります。

 

youtubeに参考動画がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=nE-wLXE-l7U

 

こちらのDVDでわかりやすく、誘いが解説してあります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ